忍者ブログ
2017.09 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

プロフィール

HN:
LADY GREY
性別:
非公開

ボイスドラマ企画

リンク

RSS

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/26 (Tue)

WG/小話ポッキーANDプリッツの日②

TRICK★STARでポッキーANDプリッツの日
  
【トイ×カナリア】
ト「カナリア、きょっ、今日はなんの日か知ってるか?!」
カ「えーっと、祝日ではないですし…あ!もやしの日ですね!」
ト「なんでそんなマイナーな所を攻めるんだよ。」
カ「私好きなんです、もやし。」
ト「そ、そうか!ならいいか!あ、で、だな…今日はポッキーANDプリッツの日だ!」
カ「あ、丁度ポッキー持ってます。」
ト「ナイスなタイミングだな。」
カ「好きなんです、ポッキー。」
ト「そ、そうか!それもいいんだけどよ…えっと、ポッキーゲームって知ってるか?」
カ「よくは…知らないですね、なんでしょう?」
ト「じゃ、じゃあ俺が教えてやる!えっとだな、まずはポッキーを…ってあれ?ポッキーが箱から出てこねぇ…!」
カ「ふふ。…はい、どうぞ。」
【カナリア、トイの口元にポッキーを差し出す】
ト「っ!…お、おぅ…」
【ぱくっ。ポキ、ポキ、もぐもぐ。】
カ「…美味しいですか?」
ト「…あぁ、最高!」
  
  
  
【フェンリル×シャングリラ×ロンド】
シ「じゃっじゃじゃーん!ポッキー!」
フ「突然どうした、シャングリラ。」
シ「あれー?フェンリルってばノリ悪いなー!今日はポッキーANDプリッツの日だよ!さぁ皆でレッツポッキーゲーム☆」
フ「やめろ、むさ苦しい男所帯で何をやらせる気だ。」
シ「大丈夫、僕たちイケメンだから絵は美しいよ☆」
フ「そういう問題じゃない。」
シ「じゃあ刺激の少ないトイとカップルね!俺はリーダーとやるー!」
フ「だから、やめろと、言っている…!!!」
シ「いやんこわーい」
フ「ロンドとでもやっとけ、俺達はやらん。」
シ「わーんフェンリル冷たーい!」
ロ「何してるにゃ、ご主人様、フェンリル。」
フ「丁度いい。ロンド、シャングリラが口寂しいそうだから相手してやれ。」
ロ「にゃっ?!」
シ「ちょっとフェンリルー僕はホモじゃないんだけど!あ、ロンド、今日はポッキーANDプリッツの日!僕とポッキーゲームしよ☆」
ロ「ポッキーって…チョコがついてるやつにゃ?!」
シ「そだよー☆」
ロ「にゃー!!マタタビチョコ以外のチョコは猫は食べちゃダメなのにゃー!!」
シ「大丈夫ちょこっとだけ☆」
ロ「しかも寒いギャグなのにゃー!!」
シ「…食えメタボ。」
【むぎゅぅううう/ロンドの口にポッキーを突っ込むシャングリラ】
ロ「ぎにゃあああ〜〜!!」
フ「…良い子の皆は、くれぐれも猫にポッキーを与えないように…。」
 
 
 
【アシュレイ×ティファニー】
ア「お、今日はポッキーANDプリッツの日だな。」
テ「だから何よ、私はそれよりフランが好きだわ。」
ア「俺はトッポだな。」
テ「この話し必要?」
ア「でだな、この日は世の中の男女はポッキーゲームをする。」
テ「まさか…私と貴方がポッキーゲームをするとでも?」
ア「やめてくれ、誰が垂れ乳のババアとなんk【ドゴォ】
テ「垂れてないわよ。」
ア「まぁ、お前がしてぇってなら俺様はいつでも準備万端だぞ。」
テ「黙れ、アンタの【ピー】にポッキー突っ込むわよ。」
ア「うわ、そりゃいてぇな。遠慮しとくぜ。」
 
 
 
【チェリーベル×ファントム】
チ「なんでアタシの相手がアンタなのよ!!」
フ「しっ知らん!私に聞くな!」
チ「まぁおおよそ、アンタの相手があまりにもいなくてアタシになったって感じだけど。」
フ「私はボッチではない!!」
チ「はいはい。あ、寂しいアンタにこれあげる。」
フ「む?なんだこれは。」
チ「お一人様用のポッキーならぬボッチー。」
【ポッキーのまがい物を胸の谷間から取り出してファントムに渡すチェリーベル】
フ「寂しい商品だ!!!」
チ「ポッキーキッスできないアンタにはピッタリな代物でしょ、寂しくこれでも食べてなさい。」
【スタスタスタ…】
フ「ちょ、ちょっと待てチェリーベル!私を一人にしないでくれー!!」
 
 
 
【ジャック×キャンディ×MC】
ジ「遂にきた…この日が…!」
M「王子!準備が整いました!」
ジ「ありがとうMC君!」
キ「あのぅ…これは一体…」
ジ「キャンディ!今日はなんの日だい?!」
キ「え?えっと、ポッキーANDプリッツの日…?」
ジ「そう!つまり!今日は正々堂々と!人前で!キッスができる日!!」
M「恋人同士には素敵な日ですね!王子!」
ジ「あぁ!つまり!今日、君と僕はキッスをする日!」
キ「えっ!?そ、それは認識が違うんじゃ…」
ジ「キャンディ!僕は今さっき30分かけてハミガキした!今日のために1ヶ月前からニンニク料理を控えた!」
M「涙ぐましい努力の数々…よく耐え抜きました、王子!」
キ「そこまでする意味がよくわからないのですが…」
ジ「キャンディ!僕と…ポッキーキッスだあああああ!!!」
キ「いっいやぁあああああ!!!」
M「世間の皆様〜、ポッキーゲームはちゃんと座って、ポッキーキッスは追いかけず立ち止まって優しくして下さいね〜。それでは〜あ〜でゅう〜♪」
PR
2013/11/11 (Mon) Wonder Garden CM(0)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可