忍者ブログ
2017.12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

プロフィール

HN:
LADY GREY
性別:
非公開

ボイスドラマ企画

リンク

RSS

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/12 (Tue)

WG/小話ポッキーANDプリッツの日①

こんばんは、企画担当の兎多月です。
今日はポッキーANDプリッツの日ですね!
そんなわけで、小話を書きましたので、
アップさせて頂きました。
相変わらずの軽いタッチのギャグラブコメディです!
こちらではPsyche編をどうぞ(*^_^*)

☆☆☆

【ジャスミン×ミカエル】
ミ「ジャスミン、ポッキーゲームしよう♪」
ジ「え?なんですか、ポッキーゲームって…」
ミ「ふふ、説明するよりやって見た方が早いよきっと。」
ジ「ミカエル様、えっと、なにを…むぐっ!」
ミ「さーて、ポッキーゲームスタートだ♪」
ジ「えっ、むぐっ…!」
【ぱく、ポキ、ぱく、ポキ】
ミ「ジャスミンも食べなきゃ、ダメだよ?」
ジ「む、だって、食べたら、ミカエル様が近くて…」
ミ「じゃあおっちゃえば?」
ジ「折ったらだめなんじゃ…」
ミ「嫌なら折ってもいいよ。」
ジ「っ!そ、そんな風に言われたら…折れない、です。」
【ポキンッ】
ジ「え?」
ミ「それ、反則。」
ジ「え?え?」
ミ「あーあぁ、ジャスミンってば勿体無いことしちゃったねー♪」
ジ「わ、私はそんな、ミカエル様みたいな事考えてないです…!」
ミ「僕みたいな事?それって、何?」
ジ「ふぇっ?!」
ミ「ふふ、答え、教えてあげる。」
【♡】
ミ「んー♪甘い♪やっぱりポッキーゲーム最高♪」
ジ「み、ミカエル様ー!!」
 
 
 
【マーガレット×クロノス】
ク「あ!ポッキーだ!」
マ「なんだクロノス、お前そんなにポッキー好きだったか?」
ク「何言ってるんだよマーガレット!今日はポッキーANDプリッツの日だよ!一年に一度、ポッキーを貪り食う事が許される日!」
マ「優しく食べてやれ。」
ク「マーガレット!オレとポッキーゲームしよ!」
マ「ポッキーゲーム?」
ク「えっとね…ポッキーゲームっていうのは…」
マ「なんだよ、急に恥ずかしがって。」
ク「ポッキーゲームっていうのは…二人が…」
マ「う、うん。」
ク「どっちが多く食べられるか競うゲームなのさ!!」
マ「マジか。(なんか違う気がするんだけど。)」
ク「マーガレット!どっちが沢山食べられるか勝負だっ!」
マ「はぁ、仕方ないな、付き合ってやるよ。」
ク「わーい!そうこなくっちゃ!そうと決まれば早速買いに行こ、マーガレット!」
マ「はいはい、あんまり急ぐなよ?」
 
 
 
【チェリー×ルシファー】
チ「どうぞ、今日のおやつです。」
ル「ん?なんだこの大量のポッキーは…」
チ「マーガレットから貰いました。なんでも食べきれないくらいクロノス様が買い込んだそうで、その余り物…いやおすそ分けです。」
ル「それは立派な余り物だな。」
チ「まぁせっかくですし、一緒に頂きましょう。」
ル「あ、あぁ。」
【ポキポキ、もぐもぐ、ポキポキ、もぐもぐ】
ル「…なんだか二人して向かい合ってただ食べているのはまぬけだな…。しかも私なんかもういい年した男だしな…。」
チ「じゃあ…ポッキーゲームをしましょうか。」
ル「なっ!!(まさかチェリーの口からポッキーゲームなんて言葉が出てくるとは…!)」
チ「…?…いやなら結構ですが…」
ル「いや!違う!や、やろう…。」
チ「では…」
ル「(ど、どうしたんだ今日のチェリーは…なんて積極的なのだろうか…。)」
チ「位置について。」
ル「ん?(位置について?)」
チ「用意…」
ル「ま、待てチェリー、お前は一体何を…」
チ「ドン!!!」
【ボキボキボキボキボキっ!!!】
ル「その時私は見た、あのチェリーが皿に用意したポッキーのチョコとプレッツェルの間を次々と折っていく異様な光景を…」(モノローグ)
チ「…ルシファー様、ルシファー様も折らないと勝負になりません。」
ル「…チェリー、お前のなかでポッキーゲームとはどういうものだ…。」
チ「…?…ポッキーのチョコとプレッツェルの間をいかに多く折るか競うゲームと認識しています。」
ル「…そうか。まぁ、そういう事にしておこう。」
 
 
 
【カトレア×ヴィーナス】
カ「それではヴィーナス様、ここで一旦休憩に致しましょう♪」
ヴ「の、飲まず食わずで12時間も上司を働かせる部下がどこにいるのよ…ゼェゼェ…」(虫の息)
カ「ささ、今日のおやつは…じゃじゃーん!カトレア様特性のポッキー!恋の味☆」
ヴ「うわぁ、ショッキングピンクのポッキー…食欲そそらないわぁ。」
カ「あら、失礼ですわね!これにはどんな男性も虜にしてしまう魅惑の果実、トリコベリーが練りこまれたチョコがかかっているのですわよ!」
ヴ「それはすごいけど…なんでそんなものを…」
カ「私だって、年頃のヴィーナス様を抱えて悩んでるんですのよ!?オーディン様のようにヘボな殿方すらもいつまでたっても落とせないヴィーナス様を心配しているんですのよ?!」
ヴ「それすごい失礼。」
カ「だ、か、ら♡ヴィーナス様がこれを召し上がってオーディン様を落としてくだされば…エーデルワイスにウザい虫が寄り付かなくなるって算段ですわ…。」(ニタァ)
ヴ「ちょ、ちょ、ちょっと!その為に作ったわけ?!アタシの将来のためじゃなかったの?!」
カ「まぁそれもありますが…それはついでって事で☆小さな事は気にしちゃいけませんわ☆はい、召し上がれ!」
ヴ「鬼〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」
 
 
 
【エーデルワイス×オーディン】
オ「エーデルワイス!今日はポッキーANDプリッツの日だ!!」
エ「わー!本当ですね!お菓子パーティしたいですー!」
オ「そこでだな、恋人同士にしかできない祝い事があるのだ!」
エ「恋人同士?」
オ「うむ!私とエーデルワイスのようにな!」
エ「私とオーディン様は恋人同士だったですか?」
オ「つ、辛いツッコミはやめてくれ…っ!!」
エ「で、どんなお祝い事ですか?」
オ「ふふん!そうなのだ!このポッキーとプリッツを使ってだな。」
エ「ポッキーとプリッツを使って!」
オ「お互いに向き合ってだな…。」
エ「お互いに向き合って!」
オ「一人がポッキーをこうして咥えてだな…!」
エ「もう一人が詰め込むですね!!」
【むぎゅぎゅっ!!/エーデルワイス、ポッキーの束ごとオーディンの口に突っ込む】
オ「ふぐぉっ!!!」
エ「どっちがたくさんのポッキーを詰め込めれるか、それで競う過酷なゲームなのですね!オーディン様!」
オ「(違う、それは断じて違うぞエーデルワイス…!!)」
エ「わー!30本は入ってますですね!すごいです!さすがです!オーディン様!」
オ「(あれぇ…ポッキーゲームってなんだったか…)」
【ぱたり】
PR
2013/11/11 (Mon) Wonder Garden CM(0)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可